ハンドメイドで漆塗りの家具と器

Posts under: ラジ日記

ラジ日記9

ラジ日記9-1
 6/18-6/23の、ギャラリーかわにしさんでの個展は雨の多い中、沢山のお客様に来て頂いたそうです。

お父さん、お母さんは30年近く前から、3年に一度のペースでGかわにしさんでの個展を催しています。

昔は、久万から西条まで片道2時間を会期中、毎日往復していましたが、二人共60歳を過ぎた今、前回から西条市のホテルに連泊する事にしています。
おかげで西条のおいしいお酒と食べ物を満喫したそうですよ。

 3年ぶりにお会いするお客様も来て下さり、いつもたった二人で誰も来ない、山の中での制作の日々とは正反対の一週間で、とてもリフレッシュしたそうです。

 犬のボクと猫の3匹はその間、留守番のお姉さんにお世話をお願いしました。

ラジ日記9-2

ラジ日記8

梅雨に入り犬の僕にもうれしい頃ではありませんが?

ラジ日記 兒玉高次・日南子

家のあるこの山の中では、もの凄い スピードで、植物が生い茂っています。

ギャラリーかわにしさんでの個展は、 いよいよ今週6月18日(水)からです。

もう準備は出来てるかって?

いえいえ、お父さんは前の日までが勝負という考えなので、まだまだ、木を刳っています。

飼い主夫婦の日常は、山奥の仕事場で二人、コツコツ木と漆の作品を制作していて、他人に会うことはあまりありませんが、個展、会期中は多くのお客様にお会いして、お話しします。

それが普段の生活とは違い、仕事以外のお話もでて、とても楽しいそうです。

二人共会期中「ギャラリーかわにし」さんにいます。

どうかご来場を、お待ちして居ます。

ラジ日記7

とうとう6月になりました。

18日から始まるギャラリーかわにしさんでの個展に向け、追い込みとなりました。

お父さんは未だ未だ間に合うと木を削り、お母さんは一気に漆塗りをするべく、作品が増えて困っています。

ラジ日記 兒玉高次・日南子
しかし、こんな時に限って面白いアイデアが浮かび物作りというのは、裏腹な面があるなといつも感じます。

単純作業をおたがい黙々とこなしていると頭の中で何かがつながるのか、色々な考えが湧き起ります。その結果はG・かわにしで見てくださいね。
ラジ日記 兒玉高次・日南子

ラジ日記5

 お父さんはロクロで、欅を丸く刳り抜いた後、ノミを使い完成形を作ってゆきます。

 お父さんの作る形は何ら、美術教育を受けてないにも関わらず魅力的なものが多く、つい手にとりたくなります。

 こんな器に何を盛ろうかなと思う人も居るでしょうが、つい触って みたくなるものってありますよね。

 お父さんは、そんな根源的な何かを形どってゆく為に、木工という手 段に巡り合ったのかなあと、傍らで ボクは考えます。

 楓の新芽も目に優しい緑です、色々な植物の輝く季節となりました。

ラジ日記4

僕は木と漆の仕事を夫婦でしている兒玉家の、雑種の3歳のオス犬、ラジです。

お父さんはGかわにしでの個展に向け励んでいます。

今はロクロ挽きを終え刳りもの、の作業中です。高さ6.5㎝ 直径18㎝の木鉢を10角形の輪花に刳っていく作業で大変に力が必要な上、ノミが がスカッと切れないときれいに仕上がりません。

他の木工家の事は知らないのですが、お父さんの仕事は手仕事の割合が多く、ひとつひとつが本当に地道な、作業の積み重ねだなあと思うのです。

なぜって?いつも僕はお父さんの仕事している、傍らに座っているからです。

ラジ日記3

僕は木と漆で作品を作っている、夫婦の3歳のオス、雑種の飼い犬のラジです。

今年の冬は例年より暖かく、いつも薪ストーブで燃やす木に頭を悩ませている飼い主達は、薪の消費量が少なくて良かったと、喜んでいます。

6月には西条市の、ぎゃらりいかわにしさんで、3年ぶりの個展を予定しているので、お父さんは寒いのに、コンクリート打ちっぱなしのロクロ場で、ロクロを回しています。

木工という仕事をしているお父さんは

  1. 指し物  組み接ぎで形を作るもの
  2. 挽きもの 木工ロクロで丸い形のものをカンナという刃物で挽きだします。
  3. 刳り物  木の塊からノミなどで自由な形として刳りだしていきます。

その他、曲げ物(お弁当箱などにある、曲げワッパです)という分野もありますが主にこの3技法を駆使して作品作りをしています。

お父さんは、自分の作りたい形を追求するあまり、木工のいろいろな手法にチャレンジしているんですよ。

 

ラジ日記2

 僕は兒玉家の飼い犬ラジです。
僕の家は、道後温泉で有名な松山市から高知へ向かう、R33で約1時間の久万高原町という、人口8000人ほどの町の中心から又もや車で15分くらいの、小さい集落のなかほどにあります。

 飼い主夫婦は、今から30年以上前に木工の修業先の、宮崎県から地元の松山に帰って来た時、迷わずこの久万の山の中で仕事を始めようと思ったそうです。

 それは地元産の材木が豊富だと考えたからだし、木工機械を使うときに出る騒音で、周囲に迷惑のかからない場所が良かったとか。

 何のツテも無く、仕事場と家探しに困っていた時、友達のお父さんで当時、愛媛大学の農学部長で林学が御専門だった、猪瀬理先生に久万の人を紹介してもらい、そのおかげで無事に家と少し離れたところに仕事場を、お借り出来ることになったんだそうです。

 猪瀬先生は、久万町の林業に関わられ、アドバイスをされていて、その後も何かと飼い主夫婦を応援して下さったのですが、残念ながら3年前にあの世へ旅立たれました。

 すばらしい教育者でほんのちょっとした事でも、いっぱい褒めて下さり、松山での個展では毎回御夫婦お揃いで来て下さいました。猪瀬先生に頂いた林学の辞典は先生の思い出と共に大切にしまわれています。

 お茶の時間などに飼い主夫婦は猪瀬先生の事を懐かしんで話し合っています。
「すばらしい先生だった」と。ぼくもお会いしたかったナー、だって先生は犬が大好きでお家にも大切に飼ってらした犬が居たのだそうです。

ラジ日記1

 僕はラジ、雑種の(近頃はミックスというらしいけどね)3歳の雄犬です。みんなは僕を見ておもしろい顔といいます。

 飼い主の夫婦は、木工と漆の工芸作品を今も昔もコツコツと二人で作り続けています。
四国の山の中で。

 去年の暮れに松山三越の美術画廊で6回目の個展を終えて今年は六月に西条のギャラリーかわにしでの個展だそうです。
ヒトのお父さんが木材の加工をしてヒトのお母さんがそれに漆を塗るというスタイルで、もう30年も続いているそうです。

 ぼくは二人の仕事場で飼われていて、玄関をはさんで反対側の住居部分には3匹の猫がいます。昼間の仕事中は、ぼくが二人の間を訪れて仕事をちゃんとやっているか、監督しているんだけど。それぞれの仕事場はお父さんの方はほこりが出て、お母さんの方はほこり厳禁なので離れているんです。
忙しい時はお昼ごはんにしか、顔を合わさない事もあるのですよ。だから二人をつなぐ僕の存在は重要、なんです。

 ぼくの目から見た二人の暮らしぶりをこれからお話していこうと思います。

© Copyright 2015 兒玉高次・日南子. All rights reserved.